交通事故弁護士ガイド 良く解る車の法律

重大な過失による交通事故

交通事故裁判の分野を専門に扱っております交通事故裁判弁護士山中弁護士です。交通事故発生時には刑事処罰を受けることになります。今日は交通事故時には刑事処罰に対して調べてみましょう。

 

1

 

交通事故時には刑事処罰

交通事故処理特例法は業務上過失、または重大な過失で交通事故を起こした運転者に関する刑事処罰などの特例を定めています。車の運転者が交通事故によって業務上過失致死傷罪を犯した場合には5年以下の禁固または、罰金に処されます。

 

交通事故に対する刑事処罰

交通事故加害者および交通法規違反者に対して加えられる禁固や罰金などを刑事処罰といって、これに関する法律では道路交通法、刑法、交通事故処理特例法、特定犯罪加重処罰などに関する法律などがあります。

 

道路交通法によれば車の運転者が業務上必要な注意義務を怠ったり重大な過失で他の人の建造物やその他の財物をつぶれるようにした時には、2年以下の禁固や罰金に処されることになります。車の運転者が交通事故によって業務上過失または、重大な過失によって人を死に追いやったり、けがをさせた場合には5年以下の禁固または、罰金に処されます。

 

LINK:交通事故 慰謝料
交通事故の慰謝料に関しては基本は交通事の加害者、被害者の相対で決まります。刑事罰や罰金とは性質の異なるものですのでご注意ください(自動的に警察が慰謝料や保証金を回収してくれるわけではありません。)。

交通事故処理特例法にともなう処罰特例

被害の回復を速かに処理するために交通事故処理特例法は業務上過失または、重大な過失で交通事故を起こした運転者に関する刑事処罰などの特例を定めています。

 

公訴の提起

車の交通で刑法第268条の罪のうち業務上過失致傷罪または、重過失致傷罪と道路交通法第151条の罪を犯した運転者に対しは被害者の明示的な意思に反して公訴を提起できません。

 

ただ、車の運転者が上の罪のうち業務上過失致傷罪または、重過失致傷罪を犯しても被害者を救護するなど道路交通法第54条第1項にともなう措置をしないで逃走や、被害者を買って場所から移して有機と逃走した場合、同じ罪を犯して道路交通法第44条第2項を違反して飲酒測定要求に従わなかった場合と下どれか一つに該当する行為によって同じ罪を犯した場合には被害者の明示的な意思に反しても公訴を提起できます。

 

-道路交通法第5条にともなう信号機が表示する信号または、交通整理をする警察公務員などの信号を違反や、通行禁止または、一時には停止を内容にする安全標識が表示する指示を違反して運転した場合
-道路交通法第17条第1項または、第2項にともなう制限速度を時には速20キロメートル超過して運転した場合
-道路交通法第21条第1項、第22条、第23条にともなう追い抜くことの方法?禁止時には期?禁止場所または、割り込みの禁止を違反や、道路交通法第60条第2項にともなう高速道路での追い抜く方法を違反して運転した場合
-道路交通法第24条にともなう鉄道踏切通過方法を違反して運転した場合
-道路交通法第27条第1項にともなう横断歩道での歩行者保護義務を違反して運転した場合
-道路交通法第43条、建設機械管理法第26条または、道路交通法第96条を違反して運転免許または、建設機械操縦士免許を受けなかったり国際運転免許証を所持しないで運転した場合.

 

この場合運転免許または、建設機械操縦士免許の効力が停止中や運転の禁止中である時には運転免許または、建設機械操縦士免許を受けなかったり国際運転免許証を所持しなかったと見る。

 

-道路交通法第44条第1項を違反して酒に酔った状態で運転をや、のような法第45条を違反して薬品の影響で正常に運転できない恐れがある状態で運転した場合
-道路交通法第13条第1項を違反して報道が設置された道路の報道を侵や、道路交通法第13条第2項にともなう報道横断方法を違反して運転した場合
-道路交通法第39条第2項にともなう乗客の墜落防止義務を違反して運転した場合
-道路交通法第12条第3項にともなう子供保護区域で道路交通法第12条第1項にともなう措置を遵守して子供の安全に留意して運転しなければならない義務を違反して子供の身体を傷害に達するようにした場合

 

一般的に上の11種類重過失による交通事故を‘11大重過失交通事故’といいます。次回は、交通事故の慰謝料請求のやり方や、良くある問題について見ていきましょう。特に厄介なのは表に症状が出にくく、さらに認定も難しい「高次脳機能障害」です。通常のケガに比べても、更に厄介な高次脳機能障害になってしまった場合は、専門家のもとで正しく、認定、賠償請求をする必要があります。